西北吉方位旅行二日目。 山口下関の占い師響春の開運話2

山口下関の占い師響春の開運話2

山口県下関市で占い鑑定をしている占い師「響春」です。主に西谷式流年法で手相鑑定・方位学・四柱推命・タロットなどで鑑定しています。占い師の日々のつぶやきです。

Profile

占い師響春

Author:占い師響春
山口県下関市で活動中の占い師の響春です。
長府商店街に占いのお店「開運館」を営業、連日占い鑑定をしております。遠方の方には電話鑑定も好評です。
そんな占い師の鑑定話、開運話、日常のつぶやきです。

フリーエリア

  • 西北吉方位旅行二日目。

20161112211027961.jpg
20161112211307800.jpg

「対馬野生生物保護センター」で本物のツシマヤマネコ見に行ってきました!対馬と言えば、国の天然記念物、ツシマヤマネコ。ちょうど餌やりシーンが見れて可愛かったです。実物は写真撮り忘れてしまって。
これは館内の模型。

20161112212351179.jpg
20161112212531213.jpg


ツシマヤマネコの保護センターから、ちょっと右の山の手の方の上がっていき高台に上ると、そこは「日本最西北端の地」。

大海原の見晴らし最高ですよー。西北の吉方位旅行にふさわしい、日本最西北端の場所に立って、目の前に広がる大海原を眺め見る。

20161112213106386.jpg

ここの高台は昔は砲台がたくさん並んでいたんですね。そういえば日露戦争ではここは戦場でした。「ここは韓国釜山まで49.5kmの距離にあり、昭和11年(1936)砲台が築かれましたが、一発も発砲せずに終戦を迎えました。その跡に灯台ができて船舶の道標となっています。現在もその当時の砲台跡、地下室などが残っています」ここの高台に上ったら、当時の戦争の名残が感じられました。昔の軍隊さん達に思いを馳せたり。

西北の象意に、高台、軍隊とありますから西北の象意を感じられます。


20161112212717220.jpg
20161112212858786.jpg

もう一つネットで見つけて行った場所が、「韓国展望所」。対馬最北端の上対馬町の高台に立ち、韓国までは約50kmの至近距離にあり、気象条件がそろえば、韓国の街並みを見ることができるとか。

韓国の町並みは見えませんでした。ですがここでも大海原を見る事ができました。写真の右手の方に見えるのは、自衛隊の施設です。日本をこうやって護ってくれているんですねー、感謝、感謝。

ここでも、西北の象意の「高台」に「軍隊」が。そして西北の象意の「快晴」も。
方位旅行は必ず象意が出てくるので面白いです。


そして、夕飯。

20161112210811973.jpg


美味しかったですよー。
関連記事
スポンサーサイト