FC2ブログ
!-- 注)ここの間 -->

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

12

イチローが夢に・・夢占い!

ここ最近、似顔絵肖像画 のお仕事の注文の納期が重なっていて、朝から晩まで絵にかかりつけです。


「占い」も目に見えない人生の運気を明かすことで、人をHAPPYにする可能性のある、やりがいのある仕事ですが、絵のお仕事も、人をHAPPYにすることの出来る仕事だと思っています。

今日制作していた絵は・・・数年前に亡くなられたお父さんに、見ることの出来なかったお孫さんを抱かせて、今のお母さんと並んだように描いた絵です。結婚式にお母さんに贈られるそうです。別々に写ったお写真から、皆が並んでいるように描くのです。これは、写真ではなかなか出来ないこと・・。こういうご注文を頂くと、絵が描けてよかったな~と思います。


昨晩、良い夢を見ました~!


夢にイチローが出てお話をしたのです~。場所は何故か実家で、イチローが妹の婿さんになっていました。ありえない・・それが夢。


有名人 と会話する夢は、実力が認めてもらえるチャンス到来を教える吉夢。

恋のチャンス、仕事のチャンス、何でも活躍のチャンス!

芸術家は作品が認められる、芸能人なら有名になる、その他どんな職業の人でも認められる大チャンス到来の夢です。


今日、この夢を見たので、今絵を描いてる作品達がお客様にご承諾をもらえる!と確信しました~。

(絵が完成したら、絵の画像をメールで送って確認してもらって、絵の承諾をもらったら、お客様に送るようにしています)

いつもお客様に完成画像をメールで送るとき、緊張します・・・ご承諾を頂けるかしら(修正が入るときもある)・・って。

本日は夢の通りでした~。風景画の油絵の1作品、「OK」、パステル画の似顔絵肖像画1作品「OK」

今日は、お二人のお客様より絵のご承諾を頂きました~。

これで絵を発送できます~。

イチロー、夢に出て話してくれてありがとう~という感じです~ラブラブ!


注意・・芸能人が出てくる夢は、いろいろな意味がありますが、主に恋愛や愛情問題の象徴としてでてきます。芸能人と会話がなかったのなら、愛情関係がもつれて、悩むことを教えています(愛情問題以外のトラブル、災難の場合もあります。

ただし、芸能人と会話したのなら、上記の書いてある通りの実力が認めてもらえるチャンス到来の夢になります。



                                        br /> 一回ぽちっと!クリック!よろしくですラブラブ!


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              




関連記事

0Comments

Leave a comment