FC2ブログ
!-- 注)ここの間 -->

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

11

松田聖子 姓名判断

昨日の夜中は雷雨がひどくて、緊張しました。夜中の雷って迫力ありますよね~。

ハリーポッターとか、魔法使いが出てきそう~って違いますか~。


昨日鑑定時、Mさんと 四柱推命のお話していた時、

「Mさんは年柱天星が偏印ね、ユーミンも年柱天星偏印よ。思いこんだら他のことが目に入らないとか世間がどう見ようとこれが自分の人生なんだというところとか、一生の運気と傾向が似てるところがあるかもね~。」と話していたら

「え~、ユーミンとか松田聖子って、もう人間通り越して、妖精とか魔法使いの域じゃないですか~。」

と面白い表現をしていたので、ずっと頭に残ってしまった。そう、私達の世代では、もう伝説に近い二人。死ぬまでに一度は絶対コンサートに行きたい!本当に同じ人間じゃなくて、神に近い感じ?


で、前に「中森明菜」さんの姓名判断 をしたので、今回は「松田聖子」さんの姓名判断をしてみました~。簡単に字画のみです。五行は省きます。


松田聖子   ((画数計算・・・旧字体)


人格・・・・18画・・・・    意志が強く生命力に恵まれその上やり手という吉運数です。一度手掛けた事は最後までやりぬくという強い精神力もあるため、独立して手に職を得たビジネスでは、財力、権力、名声を得て成功するでしょう。ただし自尊心が強い為他人との協調性を心掛ける必要がります。

プライドの高さから人との和を乱しがちなところも。自分の意見も大切ですが、他人の意見を聞くようになれば幸せになれる画数。


地格・・・・16画 ・・・・・ 大吉運数です。多くの人から頼りにもされ、自分の思うように人生が展開していくでしょう。家庭や子供に恵まれ趣味を楽しみながら優雅に暮らせます。とても思いやりがあって心の優しい人が多い。少しお人よしで優柔不断な面もある為、人に頼まれると断りにくく後悔したりすることもあり。我慢することも多い為、酒を飲むと逆に気が大きくなりがち。酒の過ちによる異性トラブルにも結び付きかねないので注意。  


外格・・・・11画・・・・・・大吉運数です。晩年を幸福に送れます。女性は子供や夫に恵まれた家庭生活を送ることができ、自分の趣味を楽しんだり、内助の功を発揮して夫を助け、良妻賢母になるでしょう。家庭と仕事の両立もできます。堅実でまじめで意志が強い。一つのことをやり通す強い忍耐力があるでしょう。前向きで真面目ですが、自分の気持ちを曲げない人も多いので、他人の意見に少し耳を傾けることでより良くなります。


総格・・・・29画・・・・・・男性でしたら、トップの人生を歩むことが出来る頭領運数の中でも最高の大吉運数です。頭が良く、直感力や集中力もあり、活動的な人が多い。チャレンジ精神が旺盛。いろいろなことに興味をもって挑戦し、道を切り開くことができるでしょう。大一人者として活躍できます。

ただし!女性の場合は、凶運です。恋人が出来ても仕事優先で結婚が難しい。結婚したとしても、家庭内離婚や未亡人になっている人に多い画数なのです。幸せな結婚はあまり望めないでしょう。



「中森明菜」さんの姓名判断 と比べてどうでしょう。中森明菜さんの名前には大凶が複数あり、挫折、孤独になるという意味が強かったように思えます。松田聖子さんは、総格に結婚運は難はあるもののほぼ完璧大吉数。


中森明菜さん、松田聖子さん、お二人とも、かってマスコミから苛烈なまでのパッシングがありました。

一方は、ストレスで心身を痛めてしまい、はたから見ても、痛々しくて何だか「可哀想」というような風情があります。もう一人の方は、離婚はしおたもののお子さんもいて、妬み?や世間の厳しかった目にも負けずに、いっそう輝きを増しているように感じられます。


この違いは一体何なのか・・・。名前だけが全てではないでしょう・・・ですが、影響力はあると思います。


名前を改名して、運気の上がった人はたくさんおられます。

私も改名して周りの環境が良くなりました。

人に必ずつく呼び名それだけなのですが・・・「名前」という存在の大きさ、神秘さに、決して全てではないのですが運気の関わりを認めざるをえないと思っています。



鑑定ご希望の方はこちらをどうぞ あじさい あじさい


どんどん開運されますように~。今日も、あなたの愛のワンクリックお願いします~。ラブラブ!



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ にほんブログ村



ペタしてね 読者登録してね


関連記事

0Comments

Leave a comment